心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊界・第一巻

心霊研究同志会 専属霊媒

K女史実験記(一)

 過般、大阪市平野町に心霊研究同志会が設立せられまして、その目的としては心霊作用の実用化と心霊智識の普及を計るとうことで、目下の事業としては第一着にず霊媒K女史の霊媒作用を基礎にし、中村医学士の医学的顧問と相俟あいまって、心霊療法を実験中とのことです。K女史の霊媒作用としては、心霊治療の他、人事調査、経済社会現象の予言、天候の予測、透視読心等も行われるようですが、いずれも目下着実なる実験時代であって、公表をはばかるとのことで、実験済みのものに就て、同会関係者より聴取したところを左、に摘記して見ましょう(一記者誌)

▼心霊治療▲

 病者はず中村医学士の診断を、医学的には絶対不可能のもの、困難のもの、疑問のもの等は、K女史の霊媒作用に依って、その療法を研究し、つ中村医学士の手に依って施行するのです。K女史には、ある神霊が現われて、全く無意識状態中に、病者の患部及び療法を指示せられます。記者もその場に立会いましたが、審神者がず、病人の住所氏名のみを云って、その病状及び療法を聞きますと、早速に霊示が与えられます。その病患を言い当てる点は、ほとんど百発百中と云ってもよろしい。

 そして、療法に到っても極く簡短で早くて二三日、長くて二三週間で全治すると云うのであります。一体に医学的療法は対症療法で局部的であるが、霊診、即ち心霊的診断は根本療法で総括的のように思われます。心霊治療の特徴は、この点ではないでしょうか。

 勿論むろん、目下は実験中であって、全然完全とは申されぬかも知れないが、着々として現実に実蹟を挙げつつあると共に、霊媒たるK女史自身の修養(評曰く、霊媒は刻々に向上すく努力する要あり)と、その霊示を実現化する人達の練磨とが行われて居ますから、漸次しだい益々ますます的確有効のものとなって行くでしょう。

 脚気治療――従来迄の治療中、最も効顕のあったのは脚気治療で、大抵両三日で全治、もしくは非常に快方に向って居ます。霊示に依れば、脚気には心臓脚気、胃脚気、子宮脚気等があるそうですが、それらを一々指摘せられ、その療法としては灸点をおろすのです。病気の重い時は、いくきゅうをすえても少しも痛くないが、漸次ぜんじ快方に向うに従って熱さと痛みを覚えるようになります。現に大阪市東区平野町、榛原菊治氏、どう道修町杉本愛之助氏、神戸乾律夫氏、京都荻野松治氏、綾部浅野新樹氏等はこの効顕を実験せられた方々だそうです。

 疳の虫退治――これは、霊示の神薬で温浴せしむるのですが、関節又は腰部から髪の毛のような一二寸から四五寸位の小虫が飛び出します。これが所謂いわゆるかんの虫だそうで、記者もそれを実見しました。多くは小児に対して治療をして居ますが、大人にもまたこのかんの虫は居るそうで、大人からもこの療法で出るとのことであります。実験者としては、大阪市内、南玉造宇野貫一氏の令息及びほかその両三名の小児があります。

 歯痛治療――歯痛は速効があると云ってもよろしく、患者竹内ユキ女の如きは、医師の治療を受けて一週間を経るもお快癒しなかった歯痛が、心霊療法一回で全治したとのことであります。もっとも、歯痛の治療には二法あって、一は当座の療法であり、他は根本的治療ですが、後者は神経を殺してしまうのですから、治療を受ける人はその積りで居なくてはならぬとのことです。

 そのほか肺病に対しても効顕あり、霊薬を服用すると熱の引き具合が余程よろしく、胃腸病に対しても霊薬及び灸点きゅうてんにて余程特効があり。又婦人病にも効顕があるとのことであります。今後、実験が進むにつれて、益々妙味と実蹟が現われることと思います。

 

▼透視と読心▲

 K女史の霊能は、透視あるいは読心には不適当らしい。他に、より以上重大な霊能があり、日夜にその方の霊能を発揮して居ますが、その結果は残念ながら公表が出来ぬとのことです。然乍しかしながら、透視や読心も全然出来ぬことはなく、目下その実験中ですが、最初の遠隔透視の実験は透視実験としては成功とは云えないが読心実験としては成功しました。第二回の室内に於ける物品透視は成功の域に到達して居ます。今後、此方こちら面の実験も回を重ぬるに従って、漸次ぜんじ的確のものとなることと思います。これらの御紹介は次回に譲って、今回はれで筆をきます。


底本: 雑誌 「心霊界第一巻第九号」 

発行: 1923(大正13)年10月1日 心霊科学研究会

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に準拠して、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ また、HTML化に際して、底本中の黒丸傍点表記を、強調表記に、置き換えました。

※ 入力:いさお      2006年8月31日

※ 公開:新かな版     2007年1月20日


心霊図書館: 連絡先