心霊図書館雑誌総合案内>総目次

「心霊界」 第一巻

以下のページは、作業協力者間の情報共有を目的とし、資料の総目録を作成するために開設されたものであり、現時点では一般向けに公開されているものではありません。


「心霊科学研究会」(財団法人・心霊科学協会の事ではありません)発行雑誌の総合インデックスです。

なお、当サイトは心霊書籍の収集、および、著作権切れの書籍の公開を目的とする個人的なサイトであり、「心霊科学研究会」と直接の関連はございません。


「心霊界」第一巻

発行: 1923(大正13)年

創刊号 第二号 第三号 第四号
第五号 第六号 第七号 第八号
第九号 第十号 第十一号 第二巻へ

創刊号(第一号)

発行: 1923(大正13)年2月1日

口絵 品川氏による引き寄せ物品、オスカーワイルド像

巻頭辞 刪妃の大典を祝し奉る

 

1

発刊の辞

浅野和三郎

2

新信仰勃興の機運

浅野和三郎

6

 帝都の復興

 

14

東西哲学の帰一

江木 衷

15

政治と宗教

浅野正恭

22

 視覚機関の転換

ロンプロゾー

30

 隔山見烟

 

31

鼠に関する心霊現象

瀧川辰郎

32

オスカア・ワイルド来

憑虚

38

屠牛の祟り

 

43

高橋貞子の透視実権

高橋宮二

44

 太宰府の神徳

 

51

幽霊の穿めたる蝋製の手袋

コナン・ドイル

52

 竈の怪異

 

56

 心霊問題に就きて

今村力三郎

57

身代わりになって病夫を助けた烈婦

鳴球

58

泰西名士と心霊現象

瀧川辰郎

62

前世への逆行的研究

ゼブラユー

72

 視えざる勢力

ピー・ピーバウン

81

長南年恵の奇蹟的半生

浅野和三郎

82

 隔檣見角

 

123

心霊科学研究会設立に就いて

 

114

心霊科学研究会だより

H生

126

編輯室より

 

表紙裏

「心霊界」第一巻のリストへ

第二号(三月号)

発行: 1923(大正13)年3月1日

普選か特選か

浅野和三郎

2

最新の科学と最古の東洋思想

浅野和三郎

6

東西哲学の帰一

江木 衷

15

最近の英国政界の推移に鑑みて

関 昌祐

21

隔山見烟

26

ユーサピアの卓子浮揚に就て

石津真砂路

39

例外現象の妥当性

フラマリオン

53

木比提稲荷に纏わる怪話

鳴球

54

約束を履行せる死者の霊魂

カルタジロン

59

否定と肯定

フラマリオン

64

不思議な経験

雪子

65

印度僧の神秘的物品引寄せ術

ジョセフイン・ランソム

70

私の立場

フラマリオン

53

支那の心霊写真につきて

一記者

74

泰西名士と心霊現象(二)

瀧川辰郎

76

霊界の常識

81

焦都夜吟

ロ峰生

82

他界への出生の実証

セヴラユー

84

人間よ自覚せよ

フルニエーダルベ

95

遊楽倶部山の第一夜

憑虚

96

肉附の面(戯曲)

白蓮

111

隔臍見角

128

編輯室より

表紙裏

「心霊界」第一巻のリストへ

第三号(四月号)

発行: 1923(大正13)年4月1日

「心霊界」第一巻のリストへ

第四号(五月号)

発行: 1923(大正13)年5月1日

国民教育界全問題

1

日露問題に就きて

浅野和三郎

2

霊界とは何ぞや

浅野和三郎

5

 来世の存在の要求

16

あらためて路頭から

西田天香

17

宇宙力とは如何

浅野正恭

28

新社会主義は愛国主義なり

関 昌祐

39

 隔山見烟

44

芸術の霊化したる実例

今井梅軒

45

月夜に祖母の幻影

チャーレス・トイーデル

55

父の死を遠隔予知す

石塚直太郎

60

 夢中の狐無辜を訴う

69

十字架の念写

70

ものを言う幽霊の実話

ドーラ・ブラツクエル

71

エクトプラズム

関 昌祐

77

 霊界の常識

78

印度僧の神秘術

ゼイ・アーサー・ヒル

79

神霊上より観たる大本教

浅野正恭

86

 メンタルテスト

夢生

89

 霊的現象を好む人々へ

夢生

90

ジュリアは幽界より語る

ヂー・ヘンスロー

91

 幽霊現象の原理

フラマリオン

98

男の王国の話

憑虚

99

長編創作 島守

憑虚

108

 『世間見ず』の世間観

夢生

122

編輯室より

表紙裏

「心霊界」第一巻のリストへ

第五号(六月号)

発行: 1923(大正13)年6月1日

「心霊界」第一巻のリストへ

第六号(七月号)

発行: 1923(大正13)年7月1日

国難来

江上ロ峰

1

「浄土教批判」の批判につきて

浅野和三郎

2

「浄土教批判」の批判

浅野和三郎

5

「浄土教批判」を読む

浅野正恭

15

 漢詩

23

「浄土教批判」とスピリチュアリズム

関 昌祐

39

焦都夜吟

ロ峰生

30

浄土教擁護

谷口雅春

31

怪力乱神譚

矢田挿雲

38

 霊魂原子の仮説

45

泰西名士と心霊現象(五)

瀧川辰郎

46

女仙人に訓戒されて出家した猟師

岩田鳴球

53

 独財界王の臨終と幻影

龍舟

55

 鉱山師の有つ心霊現象の経験

一記者

56

霊魂の死後存続とその後の進化(二)

ピエール・エミル・コルニリエー

60

芸術の霊化したる実例(下の一)

今井梅軒

67

後藤道明氏のことども(上)

藤井大星

74

 完全なる健康

81

 『世間見ず』の世間観

夢生

83

 再び英国の心霊写真に就いて(口絵説明)

86

 心力か物理的磁気か

87

男の王国の話

憑虚

99

長編創作 島守

憑虚

108

編輯室より

表紙裏

「心霊界」第一巻のリストへ

第七号(八月号)

発行: 1923(大正13)年8月1日

魔の手は動けり

今井梅軒

1

不安と恐怖の時代

浅野和三郎

2

日本の心霊現象と霊能者

浅野和三郎

5

 心霊学者の告白

12

心霊時代への道

瀧川辰郎

13

人類霊化運動

山田枯柳

20

 不思議な実験

24

日本固有の心霊現象

(御嶽行者品川守道氏の霊術実験)

浅野和三郎

25

 猛虎に噬れ

31

泰西名士と心霊現象(六)

瀧川辰郎

32

 斬られた首が後ろへ飛ぶ

39

高橋貞子実験録抄

高橋宮二

40

パイパー夫人の交霊現象

孔徳興

47

芸術の霊化したる実例(下の二)

今井梅軒

55

 業火死骸を焼く

64

霊魂の死後存続とその後の進化(三)

ピエール・エミル・

コルニリエー

65

後藤道明氏のことども(下)

藤井大星

71

幽霊を見る人

 (霊覚者訪問記其一)

81

  半夢に前世を語り死期を告ぐ

88

 神から授かった御守札

菊池太三郎

91

 少女の死とまむしの怪異

櫻井星光

92

 心霊治療の霊能夫人

河目妻蔵

92

 墓石に纏わる怪異

有澤宇太郎

93

  屋根石の喧嘩

94

男の王国の話

憑虚

95

長編創作 島守

憑虚

104

瀕死の幼児が遠国の祭礼を見たという話し

111

心霊研究会々報(二)

112

「心霊界」第一巻のリストへ

第八号(九月号)

発行: 1923(大正13)年9月1日

心霊研究者の内容

(その種類並びに心得)

浅野和三郎

1

 松江市の普門院稲荷の由来

4

主張と告白

(信仰問題心霊問題を中心として)

浅野和三郎

5

常人格者と非常人格者

浅野和三郎

12

新世界を支配する法則

谷口雅春

19

 不思議な瘤の運動(上)

27

日本固有の心霊現象 (2)

(御嶽行者品川守道氏の霊術実験)

浅野和三郎

28

霊夢で七福神像を発見す(写真入)

33

バラモン教徒に混りて

小松並樹

34

 漢詩(足利尊氏)

星々

39

 廬占魁の幽霊現われて

40

パイパー夫人の交霊現象(二)

孔徳興

47

天狗と旅行

岩田鳴球

48

父の死の予感(上)

名尾雋吉

53

敵の獄屋より白衣の人に救わる

夏山新一郎

57

 口絵写真の説明

62

西比利亜の心霊現象(上)

――シャーマニズムの研究――

リュウイス・スペンス

63

 口絵写真の説明

69

 世間見ずの世界観

夢生

70

幽霊の手の研究(一)

瀧川辰郎

74

 慈母の幽霊現わる

今田露葉

82

 父の蘇生した話

小島鈴吉

83

 胆沢の生神様

萱場精一郎

85

 心霊研究会々報(二)

86

男の王国の話

憑虚

87

長編創作 島守

憑虚

98

「心霊界」第一巻のリストへ

第九号(十月号)

発行: 1923(大正13)年10月1日

軍縮会議の声

1

自然と人生

浅野和三郎

2

主張と告白

(信仰問題心霊問題を中心として)

浅野和三郎

5

 心霊研究同志会便り

14

如何にせば運命を支配し得る乎

谷口雅春

15

応用心霊学の提唱

瀧川辰郎

25

 高蔵寺の化物騒ぎ

27

神憑りの話

浅野和三郎

28

余が敬慕する霊覚者(上)

宇佐見景堂

34

 土米の由来

39

パイパー夫人の交霊現象(三)

孔徳興

40

 執念の蛇

45

父の死の予感(下)

名尾雋吉

46

全軍の危機を救った水脈発見術

(応用心霊学の実例その一)

52

幽霊の手の研究(二)

瀧川辰郎

55

霊魂の死後存続とその後の進化(三)

ピエール・エミル・コルニリエー

64

 実母の縊死を遠感

田中市郎

68

 神様の罰と御利益

宮谷喜三郎

69

 怪しき憑きもの

坪内八蔵

71

 私の実験した怪火

鴨居雅治

72

 櫻井中佐の心霊研究

72

コナンドイル卿の米国心霊旅行記(一)

73

 不思議な瘤の運動(下)

78

戦争と天佑の実例(二)

(母親の一信と神助で救われた話)

富田嶺風

79

 口絵写真の説明

82

霊媒K女史実験記(一)

83

 大根畑から金箔張り仏像

85

日本固有の心霊現象

(御嶽行者品川守道氏の霊術実験)

浅野和三郎

86

 一預言女現る

90

男の王国の話

憑虚

91

 死期を明記して死んで行った愛児

99

長編創作 島守

憑虚

100

K女史の透視能力発揮

107

 感謝と報告

108

「心霊界」第一巻のリストへ

第十号(十一月号)

発行: 1923(大正13)年11月1日

国難来の声

浅野和三郎

1

主張と告白

(信仰問題心霊問題を中心として)

浅野和三郎

4

 夢枕に立った千疋猿の鰐

13

如何にせば運命を支配し得る乎(三)

谷口雅春

14

生き霊の作用に就いて

小松並樹

19

 猫の怨霊と一家の絶滅

23

コナンドイル卿の米国心霊旅行記(二)

24

余が敬慕する霊覚者(下)

宇佐見景堂

30

西比利亜の心霊現象(中)

(シャーマニズムの研究)

リュウイス・スペンス

34

 霊界通信方法の変遷

37

戦争と天佑

野村金吾

38

パイパー夫人の交霊現象(四)

孔徳興

41

支那怪談・仇を討った霊魂

久米惣七

45

 漂浪中に鶏鳴の声、友人の霊に救わる

50

死期を予期した人

岩田鳴球

51

幽霊の手の研究(三)

瀧川辰郎

55

瀧姫の霊と女修行者(一)

蒼溟子

59

 菩薩の布施行

62

人類及び動物本能の霊的

ローレンス

63

旱魃に観世音様の霊験(写真入り)

67

「浄土教批判」の著者に教を乞う(一)

関 昌祐

72

 昨年の大震災を予言した霊覚者

75

自動書記応用の心霊治療

(応用心霊学の実例その二)

76

 過程の凶変を告ぐる霊

多景吉

82

 呉海軍練兵場の名物椿

警固屋町人

85

 神受御守札の利益

菊池太三郎

85

日本固有の心霊現象 (四)

(御嶽行者品川守道氏の霊術実験)

浅野和三郎

86

幽霊の理論に関する若干の考察

関 昌祐

91

男の王国の話

憑虚

96

長編創作 島守

憑虚

102

「心霊界」第一巻のリストへ

第十一号(十二月号)

発行: 1923(大正13)年12月1日

霊覚と常識との契合点

浅野和三郎

1

主張と告白(四)

(信仰問題心霊問題を中心として)

浅野和三郎

4

心霊研究家の使命と責務

瀧川辰郎

13

霊界通信 亡姉と語る

小松並樹

17

 屋根に天降った三体の阿弥陀仏

21

犯罪の霊的捜査

(応用心霊学の実例その三)

22

 馬の恨み

28

心霊治療と予言の的中

(霊覚者訪問記その二)

菅信義

29

 心霊研究同志会便り

34

新怪異譚の心霊学的解説

関 昌祐

35

 写真に撮つた仙人

39

神様と争いながら神様に引張らる

40

維新奇談 神仏の御札天降る

富谷喜三郎

46

瀧姫の霊と女修行者(二)

蒼溟子

48

今仙人仙台の高梨寳山氏

伊達俊二郎

50

芸術の霊化したる実例(下の三)

今井梅軒

52

男の王国の話

憑虚

59

 怨霊払いに刑事が成田山で断食供養

66

長編創作 島守

憑虚

67

 心霊倶楽部設立に就いて

75

 心霊倶楽部便り

80

「霊狐の珠」研究会記事

81

 飛行機の墜落を夢で予知す

89

 卓子浮揚現象

クローフォード博士

91

 霊界研究余録

108

「心霊界」第一巻のリストへ


心霊研究・第三巻

総合案内

「心霊界」第二巻


心霊図書館雑誌総合案内>「心霊界」第一巻

心霊図書館: 連絡先