‘2010/10/10’ カテゴリーのアーカイブ

11 願望成就

2010/10/10

 今度は神職の山本氏が引き取り、上坐から下り、一礼して問を発しました。

山本。拙者は当地産土神社の神職山木參河と申す者で厶るが、承れば貴下は加賀の住人泉氏の御魂にて、ゆくゆくは社地に鎮まりたき御希望の由、いかにも理りあるお依みで厶る。市治郎の体よりお離れあるに於ては、及ばず乍ら拙者兎も角も図らい申すで厶ろう。

幽魂。御来駕の段御苦労に厶る。拙者の身の上を御耳に達し、誠に面目次第も厶らぬ。市治郎の体より立退くことは、今更申すまでも厶らねど、ただ社地に鎮まる事は偏に頼み奉る。尤も公辺に持ち出るは憚りあれば、人知れず内密にて図られたし。

 としんみりと依みました。委細承知して山本神職は一礼して退きました。之につづきては長吉が幽魂に対して謝り証文を書く滑稽な一条がありましたがそれは省きます。幽魂は長吉の不審に対し別段深き怒を挿める模様はなく、ほほえみ乍ら長吉を指し、

幽魂。この男愚痴にてはあれど、永々と市治郎を親切に看護せしは奇篤なれば、病気平癒の後はこの儀とくと市治郎に言いきかせるがよい。当人も定めて歓ぶことで厶ろう。

 などと述べるのでした。今度は宮崎氏が入り代りました。

宮崎。さてこれは一家の人々の依頼にて尋ねる次第なるが、此家に何にか障ることはなきや。御存知ならば誨え置かれよ。

幽魂。この家は三屋敷も四屋敷も合併して一つに成れるものにて住居としては甚だ悪し数ヶの屋敷を併せたるものは凶事の起るものなり、その事は広く世間を調べ見れば明白ならむ。又此椽の板に悪しき材木を用いてあれば早く取りかえるがよし。又此室は海中より直に夕陽の射し入るが悪しすべて朝夕の日光を海より直ちに不浄の室に受くるは憚るべきことなり。さるにても先刻お願い置きし拙者の鎮まるべき地所の御評議は決定したるや。

宮崎。山本氏と謀りたる所、産土神の社地に建碑の事は公辺の許可を得るの要あり。故に唯今の墓地に大きく石碑を造立し、周囲に石を畳みなどせば宜しからんとの議で厶る……。

幽魂。石碑を大きくし、石垣を築き繞らすなどの事はお謝り申す。墓ならば二尺二寸にして七月四日とのみ記して、遺骨の上に建てて貰えばそれにて充分なり。

宮崎。そのような無造作なことにては後年又崇ることなきや?

幽魂。されば、神号を受けねば元の人魂なり。崇らぬとも限るまじ。

宮崎。七月四日と祭日を定めて祭祀を行いても崇ることありや。

幽魂。神号なく、元の人魂のままならば、縦令従来の如く強く崇らぬまでも折ふしは崇りもすべく、又当家の守護も為し難し。若し又神号を受け清浄の地に鎮まることにならば今後は崇ることもなく却って当家の守護にも当るべし神号は墓地にては受け難し

山本。我社の相殿に鎮め申さはいかがで厶ろう?

幽魂。以ての外のことなり。その儀はたってお断り申す。畏れ入ったる業なり。

山本。末社に稲荷社あり、又仏閣も近き所に在り。何れが宜しきや。

幽魂。末社仏閣何れも好ましからず。他に清浄の寸地が欲しきものなれど、そは六ヶ敷き由なれば如何ともするに由なし、元の遺骨の上に建ててくだされよ。

宮崎。神号を受けたるからは、いかに墓地を清浄にすとも其所には居難きや。又石碑を大きくするのが悪しと言わるるは、何事か霊魂に差支ありての事か。

幽魂。いかに清浄にすればとて霊の位と其場所柄と相応せずば鎮まり難し又神号は墓地にては受け難く霊の位によりて其鎮る所各々異なるものなり社殿も石碑も相当せざれば居難きものぞ

宮崎。当家の主人も山本氏も御辺を神と斎ぐことには同意なり。されどしかするには公辺に願いて官許を受くること必要なれば、今後三年ばかりは御待ちあれよ。強いて事の早く運ぶようにせば、却って面倒とならむ虞あり。

幽魂。三年にても四年にても待つべし。かくて吾等を神に斎き、七月四日を祭日と定めくださらば、爾後は当家を守護すべし。其儀は重ねがさね依み置くなり。それはさて置き、先刻依みたる御剣行事を為し下されよ。

 斯く述べた時に夜もいたく更けて鶏鳴三度に及びました。

宮崎。折角のお依み承知致したり。宵には怪しき物と思いし故切りつけたれど、最早その儀は無用なり。さらば御免。

幽魂。辱うござる。

 とて一礼しました。乃で以前の如く御剣行事を為しましたが、此度は慎みて両手を膝の上に載せて居るのみでした。行事終りし時、暫時御免とて燭台の火光にて大刀の切先より鍔元まで熟視し了りて一拝しました。やがて一同に向い、

幽魂。さて各々にはいたく苦労をかけたり。先刻約せし通り、七月四日を祭り呉れなば、吾等いかでか悪しく酬いましょうぞ。市治郎も今日限り、次第次第に平癒し、かくて七年の後には当家に吉事出来せむ。それを見て吾等が幽界より悦びて守護し居る証とし、又神となりし徴なりと知られよ。――イザ出立せむ、各々門口まで送り呉れよ。

 斯く述べて席を立ち歩行する様は、血気盛りの若侍がヌサヌサと行くに異ならず、とても大病人の市治郎とは見えませんでした。列座の人々はゾロゾロと門まで送り出て、一礼しますと、彼は門前に立ち止まり、墓地の方に向いまして、

幽魂。吾等この体を離るる時、市治郎が倒れるやも計られねば、各々方にて彼を扶けて貰いたし。

と言うのでした。諸人その用意を為す間に、山本、宮崎の二人は神送りの秘文を唱え、又お祓など上げて居る中に、果して市治郎は左に倒れかかりましたので、多人数にて扶け抱えて家に入りました。幽魂の離れた市治郎は真に大病人で、吉富医師等が羽毛で薬を唇に塗ってやりますと、そのままスヤスヤ睡ったのでした。


浅野和三郎著

底本:「心霊文庫第2篇 幽魂問答」 

心霊科学研究会

1930(昭和5)年06月20日発行

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ また、HTML化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に置き換えました。

※ ルビ付き版はこちらです。


入力: いさお


2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
小桜姫物語について

「小桜姫物語」の再編集完了。

1、ルビなしのPHP化により携帯電話での表示が可能になり、キーワード検索が容易になりました。
2、HTML版は、従来誤字の修正点が未掲載だったものをバルーンヘルプにて誤字の修正点が解るようにし、底本の状態に近づけました。
3、CSSを変更して、HTMLのルビが、IE以外のブラウザでも表示出来るようにしました。

 今後、他のページも同様に再編集して行きます。

次は「新樹の通信」の再編集を行ないますが、9月1日から9月10日まで、私事多忙につき更新おやすみ。