‘2010/02/14’ カテゴリーのアーカイブ

28 霊界の動物 (上)

2010/02/14

 ワアド氏の霊界旅行はこの前後からますますはっきりしたものになり、途中の光景までもよく記憶に残るようになって来ました。六月一日の夜の霊夢などもその一つであります。

 同氏は先ず自分の寝て居る躯の上にまいあがる。天井を突きぬけて戸外に出たらしいのに依然として寝室が見える。

 その中室は漸く霧の裡に消え去って、自分は濛々たる雲霧の中を前へ前へと渦捲きつつ上る。道中はなかなか長い。──やがて霧の海がそれぞれの形を執り始める。最初は妙な恰好のものばかりで、あるものは城郭の如く、あるものは絶壁の如く、或は龍、或は魔、つづいて市街やら、尖塔やら、円屋根やらがニョキニョキ現われる。

 つづいてそれも亦消散し、濃霧の晴れあがると共に脚底には宏大なる山河が眼もはるかに現われる。最初眼に入ったのが峨々たる連山と不毛の昿野、そして其前方には際涯もない一面の黒い壁。

 ワアド氏の躯が右の黒壁から遠ざかると共に、山河の景色に柔か味が次第に加わって来て、森が見える、草原が見える。終に日頃おなじみの、あの夕陽につつまれた風光明媚の田園が見える。

 そこで精神を叔父の校舎にそそぐと共に、俄かに速度が加わって、殆んど一瞬の間にその身は早くも叔父さんの室に入って居たのでした。

 二人の間には間もなく例の問答が開始されました。──

 ワアド。『今日は動物のことに就いて伺いたいと存じます。一体鳥などは生前ただ餌をあさることを仕事にしていますが、霊界へ来てからは何をして居るのです? 仕事がなくて困るだろうと思いますが……。』

 叔父。『さァ大ていの動物は幽界に居る時にはしきりにまだ餌をあさって居る。が、しまいには少しづつ呆れてくるようじゃ。いくら食っても食ってもすべてが影見たいなもので甘しくも何ともない。又別に食う必要もない。この理窟が判って来ると大ていの動物は霊界の方へ移って来る。ただドーも肉食動物の方はいつまで経ってもこの道理がさっぱりのみ込めないようじゃ。そして永久に捕えることのできぬ兎や鹿の後を追いかけながら、いつまでもいつまでも幽界に居残る……。』

 ワアド。『人間の中にも捕えることのできない動物をつかまえようとする狩猟狂が居りはしませんか?』

 叔父。『そりャ居ります。しかしこいつもしまいには莫迦莫迦しくなって廃して了うらしい。尤も生前猟夫であったものは幽界へ来るとあべこべに動物から追いかけられる。』

 ワアド。『それは又どういう訳です?』

 叔父。『幽界で第一の武器は意志より外にない。動物を撃退するのにも意志の力で撃退するのじゃ。ところが猟夫などというものはただ武器にばかり依る癖がついている。鉄砲を持たない猟夫ほど動物と邂逅したときに意久地のないものはない。所があいにく幽界では猟夫は生前自分が殺した動物ときっと邂逅す仕掛けに出来上っている……。

『ところで霊界に来る動物じゃが、彼等が霊界に来るのはつまり食慾以外に何かの興味を有つようになった故じゃ。しかし永い間の癖は容易にぬけきれないもので、モリィなどもときどき骨が欲しくなるようじゃ。丁度私がときどき烟管がこいしくなるようなものでナ……。』

 そう言って居る中にもモリィは安楽椅子の下からとび出して来て、なつかしそうに尾を振りながら旧主人のところへ近づきました。


底本:「死後の世界」 潮文社

J.S.M.ワード(John Sebastian Marlowe Ward)著

浅野和三郎訳

発行: 1995(平成7)年4月20日発行

底本の親本は嵩山房刊 1924(大正14)年12月発行

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ 底本で使われている「面区点2-12-11 (U+2231E)」]の文字は、辞書によっては異体字として扱われていない「廻」で置き換えています。

※ PHP化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に、白丸傍点表記を、斜字に置き換えました。また、底本中のルビは割愛しました。

※ ルビ付き版はこちらです。


2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
小桜姫物語について

「小桜姫物語」の再編集完了。

1、ルビなしのPHP化により携帯電話での表示が可能になり、キーワード検索が容易になりました。
2、HTML版は、従来誤字の修正点が未掲載だったものをバルーンヘルプにて誤字の修正点が解るようにし、底本の状態に近づけました。
3、CSSを変更して、HTMLのルビが、IE以外のブラウザでも表示出来るようにしました。

 今後、他のページも同様に再編集して行きます。

次は「新樹の通信」の再編集を行ないますが、9月1日から9月10日まで、私事多忙につき更新おやすみ。