‘2010/02/07’ カテゴリーのアーカイブ

22 音楽と戯曲 (下)

2010/02/07

 ワアド。『甚だつかぬことを伺うようですが、霊界で芝居をする時に女形は何うなさいます? 私はまだこちらでただの一人も婦人を見かけませんが……。』

 叔父。『婦人かい? 婦人などは沢山居る……。』

 そう言って叔父さんはワアド氏を一室に導きましたが、成程其所には沢山の婦人達が居てしきりに合唱の稽古をして居ました。唄い方はいかにも上手で、しかも何れも高尚優雅な美人ばかり揃っていましたが、いかなる理由か叔父さんはワアド氏を急き立てて川縁の公園のような所へ連れ出して了いました。

 叔父。『あの通り霊界にも婦人は沢山居る。しかしわれわれの境涯では男女の交際は余り許されていない。ごく最初の間などは男と女とは殆んど全く隔離されて居る。地上で有って居た性の観念──能るだけ早くそれを除き去るのが望ましいのじゃ。地上にありては性交は正しくあり又必要でもある。しかし霊界では最早全然その必要がない。一心同体はここでは禁物じゃ。さもないと精神的進歩が肉感的慾情の為めに煩わされることになる。──が、いよいよ地の匂いのする情慾が跡方もなく除き去られた暁には、男女の霊魂は再び引き寄せらるることになる。陰陽の和合は宇宙の原則である。但し地上で肉体を以てしたことが、霊界に於ては精神的のものに変って来る。われわれが向上すればするほど両性はますます接近する。そして窮極に於て一人の男子と一人の女子との間に一の神秘なる魂の結合が成立する。それが真の精神的結合で、地上の結婚はつまりその象徴である。二つの魂の完全なる融合──一方が他方の一部となってしかもその個性を失わぬ理想の完成、これはまだ私にさえすっかりは判らないからお前には尚更そうであろう。しかし地上の結婚中の一ばん優秀なものから推定すれば大概見当がつくであろう。

『右の霊的結婚と云ったようなものは、われわれよりもずっとずっと上の境涯に於て起るので、恐らくそれは第五界……、事によるとそれよりもッと上の界の事かも知れない。少くともわれわれの住む第六界に起らないことだけは確かである。兎も角もわれわれは進むに連れてだんだん共同生活を営むことになる。最初は同性のものとの共同生活にとどまるが、やがて異性のものとの共同生活となって来る。又われわれが精神的に結婚するのは必らずしも地上で結婚したものに限るということはない。われわれはわれわれの不足を補充する真の他の半分の魂と結婚するのである。』

 ワアド。『だんだん伺って見ると霊界の生活は大へん地上の生活と類似して居るようで厶いますナ。』

 叔父『似て居ってしかも異って居る。大体地上生活中の最理想的な部類に近い。ここには疾病もなければ罪悪もない。災厄もなければ苦痛もない。それ等は皆地獄の入口に振り落して了ってある。霊界に残って居るのは過去の罪悪に対する悔みの念、悲みの念である。しかし地上で言うような罪悪はモーここへは入らない。

『われわれにも知識の不足はある。従って完全なる満足、完全なる安息はとても急に見出すことは能きない。われわれにはまだ進歩の余地が多い。しかしながら故意に神意に反抗せんとするが如き念慮はモー跡方もなく消え失せている。

『醜きもの、悪しきもの、卑しきもの、正しからぬもの──それ等は霊界には生存を許されない。従っていかにすぐれた娯楽でも、罪悪の基礎の上に築かれたものは全くここに見出すことができない。同時に物質的娯楽も、物質的肉体のないわれわれには行りたいにも行りようがない……。』


底本:「死後の世界」 潮文社

J.S.M.ワード(John Sebastian Marlowe Ward)著

浅野和三郎訳

発行: 1995(平成7)年4月20日発行

底本の親本は嵩山房刊 1924(大正14)年12月発行

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ 底本で使われている「面区点2-12-11 (U+2231E)」]の文字は、辞書によっては異体字として扱われていない「廻」で置き換えています。

※ PHP化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に、白丸傍点表記を、斜字に置き換えました。また、底本中のルビは割愛しました。

※ ルビ付き版はこちらです。


2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
小桜姫物語について

「小桜姫物語」の再編集完了。

1、ルビなしのPHP化により携帯電話での表示が可能になり、キーワード検索が容易になりました。
2、HTML版は、従来誤字の修正点が未掲載だったものをバルーンヘルプにて誤字の修正点が解るようにし、底本の状態に近づけました。
3、CSSを変更して、HTMLのルビが、IE以外のブラウザでも表示出来るようにしました。

 今後、他のページも同様に再編集して行きます。

次は「新樹の通信」の再編集を行ないますが、9月1日から9月10日まで、私事多忙につき更新おやすみ。