31 欧州の戦雲

 叔父さんからの半歳以上に亙ってつづけられた霊界通信もいよいよ一段落をつけるべき時期が徐ろに近づきました。他でもない、それは主として欧州全土に亙りて、かの有史以来類例のない大戦乱が勃発せんとしつつあったからで、それが人間界はもとより遠く霊界の奥までも大影響を及ぼすことになったのであります。

 一九一四年七月二十七日の夜、ワアド氏は例によりて叔父さんの学校を訪れ、不取敢戦争の事について質問を発しました。

 ワアド。『叔父さん、あなたは最近欧州に起ったこの暗雲がやがて戦争に導くものとお考えで厶いますか? 何やら頗る険悪の模様が見えますが……。』

 叔父。『何うも戦争になりそうじゃ。私は余り地上との密接な関係を有って居ないから詳しいことは判らぬが、霊界での風説によると、目下幽界の方は純然たる混沌状態に陥り、あらゆる悪霊どもが到るところに殺到して、死力をつくして戦争熱を煽っているそうじゃ。

『霊界の方面はすべてそれ等の動揺の外に超然として鳴りを鎮めて居るものの、しかしわれわれは変な予感に充たされている。多分これから数日の内に和戦何れとも決定するであろう。が、私は予言は絶対にせぬ。私はそんな能力を有っているとは思わない。

『兎に角私達の通信事業も急激に中止に近づきつつあるが、又中止した方が宜しい。若しも戦争が始まれば、私を扶けてこの霊界通信をしてくれている人達も一時解散せねばなるまい。おのおの皆自分の任務を有って居るからナ。

『それから又お前の健康状態が、ドーも面白くない。来週になっても回復せぬようなら、躯がすっかりよくなるまで当分霊界出張を見合わせるがよい。健康の時には霊界旅行は少しも躯を損ねる患はないが、病気の時には全精力を挙げて病気と闘わねばならぬ。何れにしても、お前が剣橋で講義をやる一ヶ月間は自動書記を試みる訳にも行くまい。

『従って今晩は陸軍士官との会見も取り止めて置く。一つはお前の健康が永い滞在を許さぬし、又一つにはあの方が戦争の為めに昂奮し切っているし、ドーも面白くない。あの方は昔所属であった連隊に復帰して出征すると云って手がつけられないので、衆でいろいろ緩めて居るところじゃ。むろん私達はこの有益な通信事業を永久に放棄しようとは決して思わないが、当分の中あの士官は役に立ちそうもない。後になれば大へん見込のある人物じゃが、目下のところでは、まるで虎が血汐の香を嗅ぎつけたような塩梅じゃ。何れにしても、あの陸軍士官の異常な挙動なり、又幽界方面風評なりから綜合して、もしか飛んでもない大事になりはせぬかと私は大へん懸念している。

『まず今晩はこれで帰るがよい。よく気をつけて、能るだけ早く達者な躯になることじゃ。お前が緬甸に出発するまでには是非ともこの書物を形付けて了いたい……。』

 で、ワアド氏は直ちに地上に戻ったのですが、その時の霊界旅行にはめっきり疲労を覚えたそうであります。

 越えて八月三日ワアド氏は講義の為めに剣橋に赴きましたが、叔父からのかねての注意のとおり其所で急性の肋膜炎にかかり、八月一ぱいそれに悩まされました。従ってその期間霊夢も自動書記も全く休業で、九月五日に至り、初めてK氏の宅で自動書記を試みたのでした。


底本:「死後の世界」 潮文社

J.S.M.ワード(John Sebastian Marlowe Ward)著

浅野和三郎訳

発行: 1995(平成7)年4月20日発行

底本の親本は嵩山房刊 1924(大正14)年12月発行

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ 底本で使われている「面区点2-12-11 (U+2231E)」]の文字は、辞書によっては異体字として扱われていない「廻」で置き換えています。

※ PHP化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に、白丸傍点表記を、斜字に置き換えました。また、底本中のルビは割愛しました。

※ ルビ付き版はこちらです。


コメントは受け付けていません。

2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
小桜姫物語について

「小桜姫物語」の再編集完了。

1、ルビなしのPHP化により携帯電話での表示が可能になり、キーワード検索が容易になりました。
2、HTML版は、従来誤字の修正点が未掲載だったものをバルーンヘルプにて誤字の修正点が解るようにし、底本の状態に近づけました。
3、CSSを変更して、HTMLのルビが、IE以外のブラウザでも表示出来るようにしました。

 今後、他のページも同様に再編集して行きます。

次は「新樹の通信」の再編集を行ないますが、9月1日から9月10日まで、私事多忙につき更新おやすみ。