心霊と人生第五巻第八号 「心霊研究から神霊主義へ」

心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第五巻

ルビ付版はこちら

□心霊研究から神霊主義へ

△心霊研究から神霊主義へ――これは欧米においても純真な識者の多く辿りつつある径路である。 クルックス卿がそうであった。ロッジ博士がそうであった。コナン・ドイル卿がそうであった。その他の人達も大ていは同じような行動を執っている。

△考えて見ると、これはまことに当然の話で、苟くも有力な霊媒に接し、力強き現象に直面しさえすれば、ドウしたところで死後個性の存続顕幽の交通往来等を承認せぬ訳には行かぬ。神霊主義スピリチュアリズムとは取りも直さずそれ等の真理を掴んだものの最終に樹立した哲学であり、又信仰であり、そこに一点ドクマの痕跡もなく又何等なんら功利的打算もない。

これを土木工事に譬えたら、心霊研究はつまり基礎工事で、神霊主義はその上に築き上げたる建築物である。両者の関係は一にして二、二にして一、正に唇歯輔車の間柄であるのである。

△わが心霊科学研究会同人の多くも、ドウやら、さした進路を取りて進みつつあるようだこれははなはだ慶賀すべき傾向と言わねばならぬ。其所そこへ行くと既成宗教家連の態度ははたして何の状だ。無批判である。特殊の古経文を取り入れて見たり、無茶苦茶にる特殊の人物を担いで見たり、時とすれば又似而非学者の口吻を受け入れて見たり、そこに何の研究もなければ自信もなく、全然その日暮らしに没頭するものばかり多いではないか。これでは到底現代を導く力がない。

 △ああ心霊研究から神霊主義へ!。 ここには科学と宗教との密接なる提携がある。二十世紀人士の進むべき目標は一路はなはだ明白ではないか!(三・六・三十・A生)


底本: 雑誌 「心霊と人生」 第五巻第八号

発行: 1927(昭和3)年8月1日 心霊科学研究会

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に準拠して、底本の旧字表記をあらためました。

※  底本では行末にかかる句読点は省略されていると思われますが、HTML化に際して行末が変わることを考慮して、注記の上、句読点を補っています。

※ 入力:いさお      2009年1月24日

※ 公開:新かな版    2009年9月27日


心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第五巻

心霊図書館: 連絡先

コメントは受け付けていません。

2009年12月
    1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
小桜姫物語について

「小桜姫物語」の再編集完了。

1、ルビなしのPHP化により携帯電話での表示が可能になり、キーワード検索が容易になりました。
2、HTML版は、従来誤字の修正点が未掲載だったものをバルーンヘルプにて誤字の修正点が解るようにし、底本の状態に近づけました。
3、CSSを変更して、HTMLのルビが、IE以外のブラウザでも表示出来るようにしました。

 今後、他のページも同様に再編集して行きます。

次は「新樹の通信」の再編集を行ないますが、9月1日から9月10日まで、私事多忙につき更新おやすみ。